現在のページ:1993年  TOPに戻る  次のページ:1994年へ

★1993年



(C)SNK
■餓狼伝説2
  発売元:SNK ハード:MVS(NEO-GEO)
初代のストーリー重視&3キャラ制度を中止して、本格的な格闘ゲームとして生まれ変わった餓狼2
必殺技の上に存在し、特定の条件下のみ発動出来る超必殺技
プレイキャラも4人と増え、スト2で言うところの4天王の変わりに、ビリー、アクセル、ローレンス、クラウザーも登場
出しにくい超必殺技(当時としてはね)を出せただけでも楽しかったり、クラウザーの曲がやたら良かったりだとか
SNK時代が来るのを予感させたゲーム
カプコン派でグラフィックを受け入れられない人も居たが、この餓狼2はどのキャラクターも良い感じ、味を持っており良いゲームだった

メイン使用:不知火舞

(C)HOT・ B
■シュマイザーロボ
  発売元:HOT・B ハード:アーケード

ヒーローだかロボットだか全くわけがわかんないキャラが活躍する格闘ゲーム
題名を見ればロボっぽいのだが・・
キャラ選ぶとバトルスーツに身にまとった状態でゲームスタート
ゲームとしては結構オーソドックスの格闘ゲームで、ボタンはパンチ、キック、ガードの3つといたってシンプル
ジャンプは通常、小ジャンプ、その他空中ガード等(やたらジャンプするゲームなんで付けられたのかも知れ無いけど)当時のシステムとしては珍しいモノが多数採用されている
後でスタンダートになって行くが、当時としては早過ぎた?システムも多い上、ガード方向が?だったり、回避不能の技があったりと色々問題もあったと言うか、直ぐ消えた・・・


(C)ADK
■ワールドヒーローズ2
  発売元:ADK ハード:MVS(NEO-GEO)
超アホキャラのマッドマン+柔道の田村のパクリと言うかまんまの リョウコと言う新キャラ2人が増えたWH2
しかし、そこはADK!それだけでは無い
おまけに投げ返しと飛び道具返しと言うわけわからないシステムをひっさげてた
上級者は投げ返しをずーっとやってたり、飛び道具ずっと跳ね返しやら
・・・まぁ、相変わらず変でしたね、つか簡単にそれが出来るのもどうかと思う(入力タイミング楽過ぎ)
でも時期が時期だったので意外と燃えましたね

メイン使用:ジャンヌ、風魔

(C)KONAMI

■マーシャルチャンピオン
  発売元:KONAMI ハード:アーケード

ゲームの存在は知らなくても女忍者レイチェルは知ってる人が多い謎ゲー
1レバー3ボタンの操作で、しかも技のパターン数が少ないので、正直やれる事はかなり限られるゲーム
ゲームはイマイチなのかもしれないがやたらキャラ人気つかレイチェルは人気
太もも丸出しのナイスバディ系の忍者で何だがよくわかんない
ある意味DOAの霞の原型とも言えるなレイチェル
自分的にはエジプトのティティで
「ナイルスター!」
をかますのが楽しかったが必殺技少なかったなぁ

メイン使用:ティティ


(C)Midway Games
■モータルコンバット2
  発売元:ミッドウェイゲームス ハード:アーケード
キャラクター選択画面で逃げ出したくなった
今回は内容的にはキャラクターが増えただけだが濃さはUP
しかしこの画面を見どれを選べばいいって言うんだよ
誰だ?作ったのは
&何故にこんな物をゲーセンに入れてるんだ?
国内にこんな物騒?なモノ辞めてくれ
・・・と言いつつも恐い物見たさでコイン投入(死)
なんなんだ・・・このゲームの魅力は(汗)

(C)BANDAI (C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
■ドラゴンボールZ 超武闘伝
  発売元:バンダイ ハード:スーパーファミコン
当時の格闘ゲーム人気により当然のごとく登場した
アニメとのギャップで結構ショックを受けた友人も多かったが
まぁ、普通に遊べる家庭用格闘ゲームって感じ
アーケードゲームをプレイ後はやたら攻撃の軽さを感じる(音の性か?)
システム的には問題だらけで、少しでも慣れて来ると
最初はメテオスマッシュのハメ合いからスタートして
最終的には離れて飛び道具打つだけのシューティングゲームになる
悲しいが近寄るすべがこのゲームにはシステムとして用意されては無かった
キャラゲーとして手軽に遊ぶならともかく、少し慣れたプレイヤーとゲームするのには要注意だ!即ハメられるぞ!

メイン使用:18号

(C)NAMCO
■ナックルヘッズ
  発売元:ナムコ ハード:アーケード
ナムコから発売された格闘?っぽいゲーム
スティック+上段、下段、ジャンプの3ボタンの操作
結構簡単かと思いきやそうでもなく、これがなかなか難しい
キャラも少なくコレと言った面白いポイントも見つからないのだが、当時の同級生I氏が一生懸命楽しそうにやってるのを見て、自分も楽しい箇所を探す様とりあえず頑張ってみたが、自分には正直クソゲー以外の何物でも無かった

キャラが少ないのに同時に4人プレイ出来ても意味が無く
当時のナムコは何を考えていたのだかわかんないが、まぁ対戦向けでは無かったことは確実だろう

(C)SEGA
■バーチャ・ファイター
  発売元:セガ ハード:アーケード

カクカク?3D?なんですかそれー?
ボタンも3つ???
ヘンテコでした、本当にヘンテコなゲームでした
初めて見たときにはセガがふざけたのかと本当に思ったし
でもプレイするうちに見た目はしょぼいながらに存在感と言うか重さを感じれるようになって少しずつハマりました
結局気に入ってしまいセガサターン購入を決意したゲーム
でも友人SEIGOにアキラに一度倒れたら追い討ちでずっと殴られるのはしんどかったなぁ・・・にしても不思議なゲームだった

メイン使用:サラ・ブライアント


(C)SNK
■サムライスピリッツ
  発売元:SNK ハード:MVS(NEO-GEO)

SNKの人気が一気に上がったきっかけでもある、人気のサムスピ
当時、Iザワ&Mウラ他多数のクラスメートはハマっていたが
私&ひでにはイマイチだった
当時はスト2が俺達2人には一番だったみたいである
後はキャラクターにそこまで気に入るのが居なかったんだろうな
でも、ゲームとしては当時最高峰と言うか一気に他を寄せ付けないほどのグラフィックと、 爽快つか大斬りは今見ても恐ろしい減りで楽しい
キャラが増えた後の作品から自分はハマることになる

メイン使用:覇王丸、大虎 ※覇王丸でメスト地方大会1回戦負け(´ι _`  )


(C)SNK
■餓狼伝説SPECIAL
  発売元:SNK ハード:MVS(NEO-GEO)
アホみたいに人気が出た当時最高であり究極の格闘ゲー
今尚根強いファン多い
キャラの多さ&キャンセル技に超必殺技
周りでネオジオ買うやつら続出したまさに伝説でありスペシャルな格ゲ!
汚い技もたくさんあったが、それ以上に楽しかった
今やってみると理不尽な技とバランス、判定の厳しさと曖昧さに動きも遅い上に通常技の連打利き過ぎるし超必殺技の連発・・・
でも当時としては間違い泣く最高のゲームであり、グラフィックを描き直し、スピードアップとバランス調整を図ったリメイク版を出して欲しいと思う一番のゲームでもある

メイン使用:ローレンスブラッド、ギースハワード、キムカッファン

(C)BANDAI (C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
■ドラゴンボールZ 超武闘伝2
  発売元:バンダイ ハード:スーパーファミコン

やはり出たよ続編!当然ですか?
流石に続編だけあって、システムの調整とかは大幅に行われ
かなりプレイし易くなり餓狼SPが一番の人気の時期であるにもかかわらず
結構遊んだ記憶アリ
隠しキャラも隠し技があったのも◎、ストーリーモードもナカナカ
問題は18号がいなくなった事で、これは結構痛い
それによってマイプレイヤーキャラがベジータになってしまった
そうなったら気力ダウン確実だ
やっぱ好きな女系キャラが居なくなるってのは寂しいものがある
絶対に隠しキャラで18号は出るはずだ!と叫んでたアノ頃が懐かしい

メイン使用:ベジータ


(C)BANDAI (C)創通エージェンシー・サンライズ・毎日放送
■機動戦士ガンダム
  発売元:バンダイ ハード:アーケード

生まれながらのロボットオタであり、ガンダムオタな自分
格闘ゲーム人気時期、当時奈良に住んでた自分が実家の岡山の倉敷サンフラワーボーイングで見たのがこのゲーム
ボーリングの待ち時間に当然の如くプレイし、ショックを受けました
シャアザクはキックはしますがプラレス三四郎ではありません、あー、通常ザクは良い感じ、ガンダム・・・なんでそんなにビームライフルのビームが太く短く3連射状態なんだよ!
バランスがどうとか、システムがどうとかうんぬんにして、どうにもこうにもガンダムで無くても良いって言うかガンダム以外でやって欲しかったゲーム
プレイはガンダムとシャアザクの2回のみ、もうそれ以上はヤル気が起きませんでした・・・


(C)Midway Games
■モータルコンバット3
  発売元:ミッドウェイゲームス ハード:アーケード

またか
そう思いながらも毎回のごとく恐い物見たさでコイン投入
難易度設定が低いのか結構長い時間プレイ出きるのがこのゲームの良いところで自分が格ゲー上手くなったと錯覚する事もある
しかし対戦用のゲームの筈なのに対戦しているのを一度も見たことが無いのは気のせいなのか?イヤ、気のせいではない
初代よりはグラフィックは向上したが動きはマダマダ、ゲーム内容もマダマダ
でもね、不思議にやってしまうこのゲーム
玉、YOUKIちゃんと言う同士に会うことで益々燃えたゲーム


(C)東芝EMI
■バトルマスター 〜究極の戦士たち〜
  発売元:東芝EMI ハード:スーパーファミコン

障害物があるスト2と言った感じの格闘ゲーム
ストーリーも技もありきたりで、 これと言った目新しい点は特に無い
画面も普通つかヘチョイしね
嘘、嘘です
空中で何度でも必殺技が出てしまうんですよ、このゲーム
通常技は数回なんですが、バグで必殺技は何回でもOKなんです
おかげでかなり熱い空中対戦が楽しめます(爆)
空中系ではある意味ギャラクシーファイトより楽しいですw
オススメの1本ですがゲームを知ってるのは何人居るのだろうか

メイン使用:蘭丸


(C)CAPCOM CO., LTD.
■マッスルボマー
  発売元:カプコン ハード:アーケード
いくらなんでもコレはないだろう
カプコンが勘違いしてプロレス格ゲーを投入
SNKが100Mショックシリーズでファイヤースープレックスを大失敗してるのにこりゃマズイってば
内容はナカナカ練り込まれたキャラクター達に、ファイナルファイトよりハガー市長も参戦との事でナカナカ熱いかもー?と思ってやったら、結構普通のプロレスゲーなんですよねコレ
グラフィックとかは悪くないんですけど、内容がPCエンジン時代のファイプロレベルって言ったら失礼なんだけど、ある意味あっちの方が燃えるし
終了

(C)CAPCOM CO., LTD.
■スーパーストリートファイター2
  発売元:カプコン ハード:アーケード
スーパーと名が付きグラフィック&サウンドを大幅パワーアップ!っぽい
キャラも3人増えた
ココで春麗→キャミイに乗り換えた人も多いが
それ以上にここで辞めちゃった人も多い
スピードのダウンのおかげで
ザンギVSバルログ、リュウ、サガットとかだとザンギがやたらきつかったり
新キャラのフェイロンが新キャラなのにあまり優遇されず微妙な性能だったり
でもサンダーホークやるならコレでしょうな
バランスが悪くなった、基本キャラは描き直しただけ、スーパーなのにシステム的にはスーパーでは無い等微妙でしたね

メイン使用:ガイル、ベガ 、ザンギ